消臭サプリおすすめランキング

消臭サプリに副作用はあるの?

消臭サプリに副作用はあるの?

消臭サプリメントは、より早く確実に体臭を消すために役立ちます。ただ、これだけ効果があるとなるとどうしても気になるのが副作用です。

 

これほど効果があるというのであれば、何かしら体に影響があるのではないか?
というような心配があって当然です。

 

しかし、消臭サプリは薬ではありません。サプリメントはあくまで健康補助食品であり、体に直接影響をしないのです。

 

つまり、食事で摂る栄養を効率的にとっているだけです。ですから、消臭サプリを食べることで薬のように体に副作用が出ることは考えられません。

 

もし消臭サプリによって体に悪影響が出たとしたらそれは、食べ物で同じ栄養を摂ったとしても同様の症状が出るでしょう。

 

例えば、牛乳やヨーグルトなどの乳製品を食べると下痢をする人が「乳糖(ラクトース)」入りのサプリメントを食べたとします。すると、牛乳を飲んだときのように下痢をするでしょう。

 

なぜなら牛乳やヨーグルトを食べて下痢をする人は、乳糖を糖に分解するラクターゼという酵素が少ないからです。その摂り方が食べ物であってもサプリであっても乳糖があることによって下痢は起こるんです。

 

このように、食べ物であってもサプリで摂ったとしても、体の中に入れば同じ栄養として扱われるのです。

 

このページの先頭へ戻る↑

消臭サプリの添加物については気にする必要ある?

消臭サプリの添加物については気にする必要ある?

 

また、副作用ではありませんが、サプリメントによっては添加物が含まれている製品もあります。添加物は危険だ!危険だ!とマスコミやメディアによって煽られていますよね?

 

こういった消臭サプリは避けたほうがいいのでしょうか?

 

私も以前は恐ろしいものだと思って、添加物が一つでも入っている食品は徹底的に避けるというくらい添加物には神経質でした。

 

ですが、添加物と言うだけで危険視するのは短絡的な考えであるということに気がつきました。なぜなら、その物質に危険性があるかないかは「量」が一番重要だからです。

 

添加物には1日許容摂取量(ADI)という一生毎日食べ続けても体への悪影響がない量が設定されています。

 

食品添加物の摂取量については、厚生労働省によってちゃんと調査されています。
しかも、マーケットバスケット方式を用いた添加物の一日摂取量の調査結果が報告されているんです。

 

マーケットバスケット方式とは、スーパー等で売られている食品を購入し、その中に含まれている食品添加物量を分析して測り、その結果に国民栄養調査に基づく食品の喫食量を乗じて摂取量を求めるものです。

 

これを見ると、添加物があるだけで騒いでいる一部のマスコミやメディアによって、いかに踊らされていたのかが分かりますよ!

 

例えば、添加物で有名な「食用黄色4号」という着色料。この添加物について、平成23・24年度の厚生労働省がそれが以下のとおりです。

 

ADI(mg/kg/日) 体臭58.6kgにおける一日あたりの許容摂取量 摂取量のADIに占める割合(%)
7.5 440 0.05

 

上記表のように、悪影響が出る量の1%にも達していないことが分かりますね。もし、体に影響を与えるくらい食べるのであれば、普段の2000倍近くの量を毎日食べなければいけませね(笑)。

 

ですから、消臭サプリに添加物が含まれていてもそこまで神経質に心配しなくてもいいと言えます。しかも、消臭サプリの多くは植物性のエキスを使っている製品が多いので、ほとんど添加物も含まれていません。

 

無添加だからと言って効果がない消臭サプリだけは選ばないように気をつけましょう!

 

消臭サプリおすすめランキングTOPページに戻る⇒

関連ページ

消臭サプリのメリットは体臭や口臭をすぐに消せること
消臭サプリのメリットは体臭や口臭をすぐに消せること。 いろいろ消臭サプリはあるけどどれがいいの? 口コミや体験談、消臭成分をもとに本当に効くオススメの消臭サプリを徹底比較ランキング!